十勝バスの取り組み

Environmental policy

Air pollution、Modern environmental problems and weather abnormalities such as global warming is a serious problem、The Company engaged in passenger transportation industry、To comply with the laws and regulations related to environmental conservation and nature protection as a social responsibility、To promote conservation activities、To reduce the environmental impact、We will continue to the social contribution。

 

スローガン

Is every、Consider the environmental issues、From that familiar、Let's efforts to not apply the load。

 

基本方針

  1. (1)エコドライブの実施(エコ運転やアイドリング・ストップ)
    (2)エネルギー・資源の節約(節電・節燃・節水・ペーパーレスなど)
    (3) Promotion of recycling (waste separation、Suppression of waste and re-use)
    (4) Promotion of green purchasing (aggressive purchase of eco-products、Disposable suppression)
  2. Set the environmental objectives and targets、Understand、Run regularly management。
  3. Environmental policy、And well-known to employees and related organizations、To carry out educational programs on environmental protection。
  4. Environmental Policy will be published both inside and outside the company through the website。

平成19年4月1日
Tokachi Bus Co., Ltd.
代表取締役社長 野村 文吾

 

エコドライブ10ヶ条宣言

1.アイドリングストップ
Since the oil is not prevailing in each part immediately after the start of the engine、You will need warm-up operation for a certain period of time。Time the oil is spread over the entire engine is said to be about 1 minute。(During the high rotation because it will shorten the life of the engine、It is not performed。) Measure of service before the warm-up operation is 1 minute summer、Winter 10 minutes、Other season 3 minutes、It consumes the fuel of about 30CC at idle for one minute。1And to reduce the idling of the day 10 minutes、130CC × 10 minutes in the year × 365 days × 123 units = 13.468.500CC
In the amount of money it will save more than one million yen。
Customer waiting time at charter、Terminal、When the time adjustment in the first train location、Let's try an idling stop。
2.燃料給油
Refueling Let's try to 8 minutes th。(Plug-in to the back of the fuel supply port、Quit in was automatically stopped。) Will improve fuel economy by lightly the vehicle weight。In addition to prevent light oil leakage at the time of full tank。(exception:Credit cut vehicles, etc.)
3.急発進・急加速・急停車
Sudden acceleration and acceleration and sudden stop is not only a waste of fuel、Premature wear of the tire、Accelerate the vehicle of pain、It will be a factor in inducing the in-vehicle accident, etc.。Accelerator of depression at the start Let's kept to about 80%。Fuel than normal starting and acceleration becomes savings 15-20%、And also leads to safe driving。
4. Economic speed、Constant speed operation
The situation of the road, but is different、It Are You the most desirable ran for the fuel consumption to be traveling at a constant speed。Wavy operation or release or stepped on the accelerator is、It will also be increased by 10% or more of the fuel consumption。上位ギヤを使ってなるべく低速でしかも一定の速度で走ることが燃費を良くする最良の方法です
一般道では40Km/h高速道では80Km/hこれが最も経済的な速度です
5.排気ブレーキ
排気ブレーキの入れっぱなしは不必要に速度が落ちるもとで再加速に余分な燃料が必要になります正しい使い方を理解し入れっぱなしにしないよう心掛けましょう下り坂で排気ブレーキを使用する時はアクセルペダル開放後に排気ブレーキのスイッチを入れましょう
6.
停止又は減速をしなければならない時は早めにアクセルペダルから足を離し惰力走行に切り替えましょうディーゼルエンジンはアクセルペダルから足を離すと「燃料無噴射状態」に成りますこの状態を多いに利用することで省エネ効果は大きくなります

惰力走行の例

  1. 前方の信号が「赤」に成っている時
  2. 自車の速度では信号手前で「赤信号」が予測される時
  3. 交差点を左折右折のため減速をしなければならない時
  4. 降車客乗車客が居て停留所に必ず停車する時
  5. 高速道路から料金所に停車する時又インターチェンジに降りる時
7.シフトアップ
近年バスの性能は良くなりエンジンの馬力も向上してきています負荷・路面などの状態を豊富な経験によって判断し早めに3速、4、5速とシフトアップをしましょう低速ギヤの運行が多ければそれだけ燃料消費も多く成ります

50メーター走行における燃料消費量

  • 1速走行  ⇒  50CC
  • 2速走行  ⇒  40CC
  • 3速走行  ⇒  26CC
  • 4速走行  ⇒  14CC

ギヤ位置が低いほど消費量が多い事が良く解ります

8.エンジン回転数
同じ速度で走っていてもエンジンの回転によって燃料消費量に大きな差がでます
エンジン回転はグリーンゾーン内にとどめましょう

都市間・貸切・AP線・大型路線車輛は1.800rpm以下
中型・小型路線車輛は2.000rpm以下
が基準です
(都市間・貸切等で峠をのぼる際は回転が低いとエンジン温度が上昇する場合がありますので上記例外もあります。)

9.車内温度
冷房・暖房を使用すると走行中の燃料の他に冷暖房用の燃料が消費されますしたがってムダのないように使用しなければなりません
方法としてはいつも車内温度を適温に保つ事を心掛けることが必要です車内の温度が暑すぎたり寒すぎたりするのはお客さまの健康を害することにも繋がります冷暖房の適正使用は燃料の節約のみならずお客さまのサービス向上に繋がることを忘れてはなりません
10.空吹かしの禁止
エンジン始動時信号待ち等で無意味な空吹かしをしている人をよく見かけます騒音大気汚染と燃料の浪費ばかりではなく他人に迷惑をかけることになりますので禁止とします
おわりに
地球は太陽光のエネルギーを受けて暖められている一方でこの暖められた熱エネルギーを宇宙空間に放出しています
この双方の反復運動がバランス良く行われることにより我々人類が住みやすい平均した温度を保っています
ところが二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの濃度が上がると暖められた熱を宇宙空間に放出する運動が妨げられ地球が温室バリアーで包まれた状態になり地表の温度が必要以上に上がってしまいます
このような観点から京都議定書が発足数値目標を持って地球環境の保全に取り組んでいるところです
帯広・十勝の美しい自然環境を次世代に残すことが我々公共交通事業者の責務であり地域社会に貢献する事と信じております
最後に【省エネ運転は安全運転】【安全運転はお客さまサービスの原点】であることを再度認識されます様お願い致します
Tokachi bus 90th Anniversary bus type key lightChalkall Club Point Card,,ja,Chartered bus operator Safety evaluation certification system,,ja,Bus driver recruitment briefing session,,ja,Bus driver specialty recruitment site,,ja,Doradavi EXPO2018 Spring,,ja,Time fare search Operation status check,,ja,90th anniversary commemorative magazine,,ja,all,,ja,Information on revision of diamonds,,ja,Monday 25th,,jaThe secret of Light shining Japan hospitality companies in the hospitality management companies election regionRakutoku bus 13If Hokkaido Hotels and inn reservations "Gutabi Hokkaido"Premier Hotel -CABIN- ObihiroHokkaido Consadole Sapporo official siteHokkaido Hidaka traffic busWILLER Hokkaido Nature PassSummer Zola stage Obihiro TokachiImplant If the Malo Dental Sapporo in SapporoBanner ad Wanted