会社案内

社史

1926年 大正15年3月1日 十勝自動車合資会社設立
資本12000日元、過境線帶廣 - 廣尾(85公里)的、帶廣 - 音更(8公里)的、帶廣市(6公里)的、帶廣房地私人汽車
1933年 昭和8年9月 帯広西2条南11丁目9番地に本社事務所を増築落成
1944年 昭和19年5月 帯広乗合自動車株式会社設立(企業合同)
1952年 昭和27年4月 公司拆分、東方巴士、拓殖巴士成立
1955年 昭和30年4月1日 十勝バス株式会社に社名変更
1964年 昭和39年11月 十勝バス最初のワンマン運行
1965年 昭和40年3月 空港線運行開始
1971年 昭和46年9月 道東バスと合併
1981年 昭和56年3月 帶廣新機場開通、機場穿梭巴士服務繼續
1981年 昭和56年6月 「定期観光バス」運行開始
1981年 昭和56年11月 西23 Jokita 1丁目新大樓竣工移交(當前位置)、維護工廠搬遷到西20 Jokita 1丁目、東3條、東第九條、廢除北方銷售辦事處
1987年 昭和62年2月 成為JNR Hiroosen取消、開始替代巴士服務
1987年 昭和62年3月 成為JNR Shihorosen取消、開始替代巴士服務
1987年 昭和62年8月 公司總部搬到了西23 Jokita 1丁目、前者總部拆除
1987年 昭和62年10月 「岩内仙峡もみじ祭り」臨時バス運行開始
1989年 平成元年11月 都市間バス 帯広~釧路線 運行開始(2社共同運行)
1990年 平成2年3月 都市間バス 帯広~札幌線狩勝峠経由 運行開始(5社共同運行)
1991年 平成3年4月 系列会社テービーオイル設立
1991年 平成3年9月 都市間バス 帯広~札幌線日勝峠経由変更
1993年 平成5年4月 千歳営業所開設
1993年 平成5年12月 城際公交車帶廣 - 北見行非凡航班投入運營(有限:3社共同運行)
1994年 平成6年8月 都市間バス 帯広~旭川線増回により運行開始(平成元年12月22日運行開始)
1995年 平成7年12月 都市間バス 帯広~旭川線三国峠経由運行開始
1996年 平成8年3月 運賃改定3.8%アップ
1996年 平成8年5月 野村文彥、任命重返總裁兼首席執行官
1997年 平成9年3月 釧路線終点をMOOまで延長
1997年 平成9年4月 運賃改定1.83% 消費税アップ分
1997年 平成9年4月 労働時間を1週40時間制の実施
1997年 平成9年7月 空港~市内ホテル便運行開始
1999年 平成11年1月 JR北海道バスの帯広撤退による引継ぎ路線の運行開始
2000年 平成12年4月 音更町コミュニティーバス運行開始
2000年 平成12年12月 年末年始深夜バス運行開始(期間限定)
2001年 平成13年5月 ホームページ開設
2002年 平成14年6月 「八千代牧場祭り臨時バス」運行開始
2002年 平成14年8月 「勝毎花火大会臨時バス」運行開始
2002年 平成14年8月 西地区特定地域割引の実験運行開始
2002年 平成14年12月 「買物共通バス券事業」開始
2002年 平成14年12月 新設帯広駅バスターミナル完成に伴い移転
2003年 平成15年4月 茂足寄線廃止
2003年 平成15年4月 「第一次心生五ヶ年計画」開始
2003年 平成15年5月 野村文吾、被任命為總裁兼CEO
2003年 平成15年5月 野村文彥、董事會任命為董事長
2003年 平成15年10月 「池田ワイン祭り」臨時バス運行開始
2003年 平成15年11月 帯広市東地区フレックスバス実験運行開始
2004年 平成16年2月 「帯広畜産大学入試」臨時バス運行開始
2004年 平成16年4月 西以平線廃止される(大正地区乗合タクシーに代替)
2004年 平成16年5月 雨の日のみ運行する新運行形式の『あめバス』運行開始
2004年 平成16年7月 片道定期券販売開始
2004年 平成16年10月 「清水高校スクールバス」運行開始
2004年 平成16年12月 福祉タクシー事業開始
2005年 平成17年2月 「おたのしみ回数券」発売開始
2005年 平成17年6月 「帯広市内割」開始
2005年 平成17年7月 「遊々ジュニア定期券」発売開始(拓殖バスと共同企画)
2005年 平成17年10月 八千代線、Totsuta線停產(替代川西地區新生活交通系統)
2005年 平成17年10月 一般タクシー事業開始
2005年 平成17年11月 「ワンコインパス」販売開始
2006年 平成18年1月 「初詣バス」運行開始
2006年 平成18年4月 成為Furusatogingasen取消、備用總線服務(Shimoaikappu複雜的線條作廢)
2006年 平成18年7月 「遊々ジュニア定期券」十勝バス単独企画へ変更
居住地別運賃体系へ変更
2006年 平成18年10月 北愛国線廃止
2006年 平成18年10月 訪問介護「十勝バス介護センター」開設
2007年 平成19年4月 浦幌町線取消(豐頃町、在山谷的浦幌町號百合備選交通)
2007年 平成19年6月 「ワンコインパス(夫婦パス)」追加発売
2007年 平成19年12月 ポテトライナー号道東道「清水-トマム」経由へ変更
2008年 平成20年1月 企業理念制定
2008年 平成20年4月 「第二次心生五ヶ年計画」開始
2008年 平成20年10月 ポテトライナー号ハピオガーデンにてパーク&ライド開始
2008年 平成20年11月 「エコ定期券」開始(平成23年11月ワイドフリー定期券へ移行)
2009年 平成21年 路線バス営業強化策の実施
2009年 平成21年8月 「西地区コミュニティーバス」運行開始
2009年 平成21年10月 ポテトライナー号「トマム-占冠」経由へ変更
2009年 平成21年12月 「遊々ジュニア定期券」利用期間固定化
2010年 平成22年2月 ポテトライナー号7往復へ増回
2010年 平成22年4月 「日帰り路線バスパック」発売開始(開始時5コース)
2010年 平成22年4月 「清水高校スクールバス」部活便運行開始
2010年 平成22年4月 「中期ローリング経営計画」開始
2010年 平成22年8月 對於財務穩健、出售閒置土地
2010年 平成22年10月 ドライブレコーダー導入開始
2011年 平成23年3月 AIRDO新規就航により空港連絡バスが7往復へ増回
2011年 平成23年3月 すずらん号廃止
2011年 平成23年5月 「免許返納者バス運賃割引」開始
2011年 平成23年9月 「おびひろ1day乗放きっぷ」発売開始
2011年 平成23年10月 ポテトライナー号東道全通により10往復へ増回
十勝バス本社にてパーク&ライド開始
2011年 平成23年11月 「通勤・通学ワイドフリー定期券」制度開始
2012年 平成24年3月 十勝巴士(株)、2011銷售轉化的一年是40年來第一次
2012年 平成24年4月 「とかち2day乗放きっぷ」発売開始
2012年 平成24年4月 「ワンコインパス」65~69歳のみに限定
2012年 平成24年4月 「ポテトライナー号観光セット券」発売開始
2012年 平成24年5月 「空港バス・酔得・生ビールパック」発売開始
2012年 平成24年7月 「ノースライナー号観光セット券」発売開始
2012年 平成24年12月 「羽田京急きっぷ」発売開始
2012年 平成24年12月 とかち帯広空港連絡バス運賃値下げ(十勝バス本社~西18条2丁目間)
2013年 平成25年1月 對於財務穩健、抵消部分存款和借款
2013年 平成25年3月 第4回EST交通環境大賞 奨励賞受賞
お客さま密着!40年ぶり利用者増加に向けた多様な取り組み
2013年 平成25年5月 通所介護施設「デイサービスかちばす」開設
2013年 平成25年12月 「黄色いバスの奇跡」出版される
2014年 平成26年1月 ミュージカル「KACHI BUSカチバス」上演
2014年 平成26年3月 経済産業省「平成25年度 おもてなし経営企業選」に選出
2014年 平成26年3月 「かちばすクラブ」ポイントカード 開始
2014年 平成26年3月 債務超過解消
2014年 平成26年4月 産学連携による路線バス目的地検索システム「もくいくぅ~」運用開始
2014年 平成26年4月 「グランドデザイン」決定
2014年 平成26年4月 バス乗車券無料宅配サービス 開始
2014年 平成26年9月 貸切バス事業者安全性評価認定制度 1つ星認定
2015年 平成27年3月 日本クリエイション大賞2014 日本クリエイション賞受賞
2015年 平成27年3月 繰越次損金解消
2015年 平成27年4月 学園通り線 運行開始
2015年 平成27年7月 帶廣市地區公共交通理事會激活、
平成27年地域公共交通優良団体 国土交通大臣表彰を受賞
2016年 平成28年3月 合理化原資借入金完済
光閃耀的日本餐飲公司在酒店管理公司選舉區的秘密Rakutoku總線13如果北海道酒店和旅館預訂“Gutabi北海道”總理酒店-CABIN-帶廣北海道札幌岡薩多官方網站北海道日高交通公共汽車WILLER北海道自然通行證夏天佐拉階段十勝帶廣牙科診所診所聖馬洛札幌橫幅廣告通緝