운행 상황

우리는 언제나 친밀한 존재로
여러분에게 생활의 안심을 제공합니다

환경 방침



 大気汚染、地球温暖化など環境問題や天候異常が深刻化している現代、旅客運送業に携わる当社は、社会的責任として環境保全・自然保護に関連する法規を遵守し、保全活動を推進し、環境負荷を削減し、社会的貢献をしてまいります。

スローガン

一人ひとりが、環境問題を考え、身近なことから、負荷をかけないに取り組みましょう。

基本方針

  1. (1)エコドライブの実施(エコ運転やアイドリング・ストップ)
    (2)エネルギー・資源の節約(節電・節燃・節水・ペーパーレスなど)
    (3)リサイクルの推進(ゴミの分別、廃棄物の抑制と再利用)
    (4)グリーン購入の推進(エコ製品の積極的購入、使い捨ての抑制)
  2. 環境目的及び目標を設定し、理解し、定期的に管理実行します。
  3. 環境方針は、社員や関連組織に周知し、環境保全に関する教育を実施します。
  4. 環境方針はホームページを通じて社内外に公開します。

平成19年4月1日
토카 치 버스 주식회사
代表取締役社長 野村 文吾

エコドライブ10ヶ条宣言

1.アイドリングストップ
엔진 시동 직후 오일이 부분에 퍼져 있지 않기 때문에, 일정 시간의 워밍업이 필요합니다.
金額では 100万円以上の節約に成ります。
貸切でのお客さま待ち時間、ターミナル、始発場所での時間調整時は、アイドリングストップを心掛けましょう。
2.燃料給油
燃料給油は8分目を心掛けましょう。(給油口の奥まで差込、自動停止したところでやめる。)車輛重量を軽くすることで燃費が向上します。また満タン時の軽油漏れを防止します。(例外:貸切車輛等)
3.急発進・急加速・急停車
급발진 · 급 가속 · 급정거는 연료 낭비 될뿐만 아니라 타이어의 조기 마모, 차량의 아픔을 빨리 차내 사고 등을 유발시키는 요인이됩니다.
4.
도로의 상황은 다양하지만 일정한 속도로 주행 할 연료 소비에게 가장 바람직한 주행 분입니다.
一般道では40Km/h、高速道では80Km/h、これが最も経済的な速度です。
5.排気ブレーキ
배기 브레이크 틀어은 불필요하게 속도가 떨어진다 근원 다시 가속에 여분의 연료가 필요합니다.
6.
정지 또는 감속을해야하지 않을 때는 빨리 가속 페달에서 발을 떼고 타력 주행 전환합​​시다.

惰力走行の例
  1. 前方の信号が「赤」に成っている時。
  2. 自車の速度では信号手前で「赤信号」が予測される時。
  3. 交差点を左折、右折のため減速をしなければならない時。
  4. 降車客、乗車客が居て、停留所に必ず停車する時。
  5. 高速道路から料金所に停車する時、又インターチェンジに降りる時。
7.シフトアップ
최근 버스의 성능이 좋아지고 엔진 마력 향상 해오고 있습니다.

50メーター走行における燃料消費量
  • 1速走行  ⇒  50CC
  • 2速走行  ⇒  40CC
  • 3速走行  ⇒  26CC
  • 4速走行  ⇒  14CC
ギヤ位置が低いほど消費量が多い事が良く解ります。
8.エンジン回転数
同じ速度で走っていてもエンジンの回転によって燃料消費量に大きな差がでます。
エンジン回転はグリーンゾーン内にとどめましょう。

都市間・貸切・AP線・大型路線車輛は1.800rpm以下
中型・小型路線車輛は2.000rpm以下
が基準です。
(都市間・貸切等で峠をのぼる際は回転が低いとエンジン温度が上昇する場合がありますので上記例外もあります。)
9.車内温度
냉난방을 사용하면 주행 중 연료 외에 냉난방 용 연료가 소비됩니다.
방법은 항상 차내 온도를 적정 온도로 유지하는 것을 유의하는 것이 필요합니다.
10.空吹かしの禁止
エンジン始動時、信号待ち等で無意味な空吹かしをしている人をよく見かけます。騒音、大気汚染と燃料の浪費ばかりではなく、他人に迷惑をかけることになりますので禁止とします。
おわりに
地球は、太陽光のエネルギーを受けて暖められている一方で、この暖められた熱エネルギーを宇宙空間に放出しています。
この双方の反復運動がバランス良く行われることにより、我々人類が住みやすい平均した温度を保っています。
그런데 이산화탄소 (CO2) 등 온실 가스의 농도가 올라가면 데워진 열을 우주 공간에 방출하는 운동을 방해 지구가 온실 배리어로 감싸 인 상태가되어 표면 온도가 필요 이상으로
このような観点から京都議定書が発足、数値目標を持って地球環境の保全に取り組んでいるところです。
帯広・十勝の美しい自然環境を次世代に残すことが、我々公共交通事業者の責務であり、地域社会に貢献する事と信じております。
마지막으로 [에너지 절약 운전은 안전 운전], [안전 운전은 고객 서비스의 원점]임을 다시 인식 모습 부탁드립니다.


Top