運行状況

私たちはいつも身近な存在として
皆さまに生活の安心を届けます

居宅介護支援



居宅介護支援事業所とは

高齢者が出来るだけ在宅で自立して暮らせることを目的に、居宅で出来るサービスの紹介やサービス内容の調整、居宅支援サービス費に係る費用の計算や請求を要介護者の代わりに行います。
居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネジャー)が常勤で居て、要介護者の依頼を受けて心身の状況や環境、要介護者や家族の希望等を考慮して介護支援計画を作成したり、専門的な相談に応じます。

介護支援専門員の仕事

1. 介護に関わるご相談、要介護認定申請の手続き代行
2. 居宅介護サービス計画(ケアプラン)の作成
3. 市町村、保険医療福祉サービス機関との連絡調整
4. 居宅サービス事業者及び介護福祉施設との連携調整
5. 居宅サービス利用時の苦情や相談の対応

居宅介護サービス計画(ケアプラン)作成

1. お申込み
当事業所の説明と個人情報使用の同意をご説明いたします。(電話での申し込み可)
2. アセスメント実施(状況の把握、課題分析)
介護支援専門員(ケアマネジャー)がお伺いし、ご本人さまやご家族さまと面接し、困っていることやご要望をお聞きしてどのようなサービス内容が良いかを、一緒になって考えます。
3. 居宅介護サービス計画書(ケアプラン)の作成
アセスメントを基に、介護サービスの種類や内容、利用回数や時間、利用料金を明示した 計画書(ケアプラン)を作成し、ご本人及びご家族さまに確認します。
4. 介護サービス事業者との連絡調整
ご本人さまやご家族さまのご希望の介護サービス事業者との連絡調整を行い、適切なサービスを提供出来るようにします。
5. 介護サービスの開始
ご利用者さまと介護サービス事業者とが契約を交わし、介護サービスが開始となります。その後も介護サービス事業者と連絡を取り、利用者さまの状態の変化や不都合がないか などを確認し適切な対応を行って行きます。

※居宅介護サービス計画(ケアプラン)作成にご利用者さまの料金負担はありません。



Top